薬で健康を損なわないために

健康になるための薬で不健康になったという事例が存在する。薬でコンディション改善を目指したものの、使用法が不適切だったために具合を悪くすることがある。薬による健康被害とその原因には様々なものがある。

 

どのような健康上の問題が、薬では起きるだろう。保健機能食品などを含まないいわゆる薬に限定して確認してみよう。いわゆる薬による健康被害の例は、副作用の発生など薬自体に原因があるケースもある。

 

自分の生活環境や体調が薬と合わないことに気づかず、商品の人気やCMに乗せられて使ってしまうこともある。薬に記載されている正しい用法や用量を逸脱した使い方をしてしまった場合など、使う側に問題があることもあります。

 

トラブルの内実は、ものによって色々です。輸入代行や個人での輸入で海外の薬を買った場合、日本では許可されていない成分を摂取したことが問題の原因になることがある。健康を阻害するようなことが起きた背景に、いわゆる薬が関与していることはよくある話である。

 

健康被害を減らすためには、原材料を吟味し、体に良い作用がある成分を使うようにすることが大事だろう。薬に関する情報をきちんと提示することは言うまでもなく、使う側の知識や理解力も求められてくるようになる。

薬の分類について

薬には幾つかの種類があるが、いずれも病気治療を目的にした薬品を意味する。日本で販売される口に入れるものは、食品か薬いずれかのカテゴリに入ると薬事法と食品衛生法で定められいる。

 

薬の種類は薬事法の上では、医薬品となる。医薬品と見なされていたものの中から、一定条件を満たしたものが第一類医薬品となることが、2001年に厚生労働省で定められた。

 

また、薬品に関しての調査事項がある。それは改正薬事法の趣旨を踏まえ、新たな販売制度の実効性を確保するため、一般消費者の立場から改正法の定着状況を点検・調査することにより、医薬品販売の適正化を図るものである。

 

メインの調査方法は、薬局・店舗販売業の店舗に関する調査である。一般消費者としての調査員により、全国3,991件の薬局・店舗販売業者の店舗を訪問し、改正薬事法による新たな販売制度に係る事項を中心に、店舗の状況等について調査を実施した。

 

主な調査項目は、医薬品のリスク分類別の陳列状況や店舗における情報提供、相談対応の状況などである。

平成21年6月1日から一般用医薬品の販売方法が変更

自分に合った薬を安心して購入し使うために、リスクを最小限に抑え、効果が最大限に発揮できるように、医薬品のリスクの程度に応じて専門家がアドバイスするなど、次のような一般医薬品の販売制度改正が施行された。

 

・一般用医薬品のリスク区分
・購入時の専門家による情報提供
・リスク区分に関する外箱等の表示
・医薬品の陳列方法
・店舗における販売体制
・店舗における提示事項
・通信販売に関する規定の整備

 

これにより、第一類から第三類別に医薬品の外箱表示やお店での陳列が区分されるようになったので、購入者にもリスクの違いがわかるようになった。