あがり症克服

あがり症克服

薬を使わないあがり症克服法

どうしてあがってしまうのでしょうか?

私たちはどうして、あがってしまうのか?「あがり」といった症状としては、脳による本能的なとなるのです。自分がおかれている立場や、周囲の状況から生じる不安定な気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)、恐怖心、極度の緊張などが体にあらわれます。

 

また、これらの症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)に加え、ステージや大会なんかの大勢の中で自分が立っている事を想像しただけで、緊張して興奮してしまったりする条件反射を一般的に「あがり症」と呼んでいるのです。大勢の人前での大役を任された時や大事な場面では、大体の人が極度の緊張状態となりしまうはずです。

 

「話が面白くなかったらどうしよう」「こんな事をして嫌われたらどうしよう」など自分を精神的に追い込んでしまうことでしょう。特に、心配性の方やマイナス思考の方にこの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が多いです。

 

こうした不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)定な気持ち、恐怖心、極度の緊張が原因で、体には様々な症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)があらわれるのです。突然、頭が真っ白になり、何をいえばいいかわからなくなったり、自分でもよくわからない事をいってしまったり、声、手足、体の震え、発汗、表情が強ばる、赤面などがあがり症の症状といわれています。

 

人前から去って、普段と変わらない日常に戻れば、この症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)がなくなる方がほとんどです。人前に立つ機会が多い方は、場数をこなす事により、その緊張に慣れて症状が緩和される場合があります。あがると言う現象は誰にでも起こることで、その度合いが軽いか重いかの違いだけなのです。

 

ですから、あがり症で悩まれている方は自分を特別視して卑下しない事が大切になるのです。できない自分も認めてあげましょう。

日本人に多いあがり症

人前であがってしまって上手に話せないのは、失敗してはいけない、上手に話さないといけないといった気持ちが強いからです。
日本人(出身県によって様々な個性があるものです)は、失敗を極度に嫌う傾向が強いため、あがり症になりやすいようです。人からどうみられているか?という事を異常に気にするのも、日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)に多い特徴です。この性格が、緊張を大きくさせ、結果的にあがり症を生みだします。

 

また、見栄っぱりが多いのも日本人の特徴です。笑われたくない、馬鹿にされないようにしなくてはという思いが強いと、自分の力量以上のものをだそうとしてしまいます。とはいえ、背伸びをどんなにしても、出来る事には限りがありますよね。この矛盾から、さらなる焦りが生まれ、その焦りが緊張へと繋がっていくことになります。

 

日本人は、恥をさらすのはいけない事だと、無意識(高く持たないと成長できないといわれています)に思い込んでいる嫌いがありますね。弱味を気軽にみせない国民性が強いですね。しかし、これは防衛本能が強いという事でもあるんです。防衛本能が強いというのは、悪い事ではありませんよね。当り前ですが、日本人(出身県によって様々な個性があるものです)でもあがり症になりにくい性格(人や動物の性質を表わす言葉です)の方は多くいます。

 

「人の目を一切気にせず、我が道をゆく」そんな方もいます。典型的な日本人(出身県によって様々な個性があるものです)気質の方は、あがり症にはなってしまいがちなかもしれないですが、人の気持ちにまで配慮できる方が多い日本は、とてもすねらしい国と言っていいと思います。日本人だからあがりやすい。日本人は良くない。なんてネガティブ(マイナス思考のことをこう表現することも多いです)にならずに、日本人の国民性に誇りを持ってください。

 

あがり症改善には、自信が必要不可欠です。

関連サイト

あがり症克服記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ