不眠症改善

不眠症改善

薬を使わない不眠症改善法

不眠症というのは?

「不眠症」と聞くと「眠れない」症状なんだなぁと言うのが多くの人の見解だと思いますが、実は不眠症(睡眠に関する障害は長期化すると、精神的にも肉体的にも深刻な影響を及ぼします)とはそればかりではなくさまざまな症状の事を指します。

 

例えば「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「熟睡(深いノンレム睡眠をいいます)出来ない」「夜中に何回も目が覚める」「短時間しか眠れない」等色々有ります。こうした症状が一回起きたのみでは不眠症(症状が軽いうちに、何らかの対策をとり、早めに改善すべきでしょう)とは言いませんが、何回も続いて慢性化した状態になると不眠症という様になりますので解消していく様にしていかなければなりません。

 

また自分はよく眠れていて上記の様な症状が無いから平気だわと思っていても、起きた後にどうしようもなく眠かったり、だるさや倦怠感等があったりするとそれも不眠症(症状が軽いうちに、何らかの対策をとり、早めに改善すべきでしょう)予備軍かもしれませんので一概に安心とはいえませんね。

 

近年、不眠症(日本人の四人に一人にみられるのだとか)で悩んでいる人の人数が増えてきている様です。原因はストレス等様々有りますが、5人にひとりが睡眠に関して何らかの問題を抱えていると言って、10人に1人が不眠症の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を訴えていると言いますから最も身近で最も解消しなくてはならない症状だと言う事となります。

 

また睡眠時間が短いからと言って不眠症(長く続くと様々な不調が現れますから、なるべく早く病院を受診してください)と言う訳でも、長いからといっても快眠している訳でもありません。個人個人に合った適正の睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)を取らなく他は意味がないのです。

 

満足に眠れない状態が暫く続くと日常生活にも支障をきたしたくることになるのですし、周りにも理解されがたい感じにもなります。ですからたかが眠れないではなくてしっかりとケアしていく必要が有るのです。

不眠症の具体的な症状とは?

「入眠困難」「熟睡障害」「中途・早朝覚醒」と言った症状が不眠症では出されるのです。不眠症はこうした症状が最低でも週に3回以上、最低でも一箇月以上続いている状態であれば可能性が高いんじゃないかと考えられます。つまり不眠症と言うのは慢性的にこうした睡眠障害が起こっている事を指しているのです。

 

こうした不眠症を解消していくには、その人一人ひとりの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に合わせて解消方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を見極めていく必要が有るのです。

 

あなたが今不眠症かまたはその予備軍ではないか、ご自身の今現在の睡眠状態を振り返ってみます。また一回寝たのに大木な音がしたり、寝苦しくて途中で起きてしまい、その後眠れなくなってしまうり、たまに寝なきやならないのにいつまでたっても眠れない等、一過性の物に関しては不眠症(眠れないだけでなく、色々な症状があります)とは言いませんのであまり気にする必要はありませんよ。

 

これは不眠症ではなく単なる不眠です。誰でも一度は経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)した事があります。またこうした症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が一か月以内しか続かなかった場合は一時期な物で短期不眠と呼んでいるそうです。

 

発熱が原因でなってしまう身体的要因、ストレス等が原因でなってしまう心的要因で起こる場合が多い為に原因さえ突き止めたら解消し易いだといえますね。不眠症(眠れないだけでなく、色々な症状があります)であってもなくても眠れないと言うのは辛い事ですよね。

 

眠れないな、熟睡出来ないな等、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)について問題を抱えたら、どんな症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が起こっているか、原因となることをを探って解消させていく事が大切なのです。

関連サイト

不眠症改善記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ