不妊治療

不妊治療

有名な薬を使わない不妊治療法

東洋医学での未妊の考え方

東洋医学には、未妊という考え方があります。これはどういった考え方なのでしょうか?いわゆる病院で行う不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)は、西洋医学といわれているのです。それに比べ、東洋医学(よく西洋医学と対比したりしますが、最近では、併用して治療を行うことも少なくありません)でいう未妊の考え方は、体のバランスを整えて、妊娠しやすい体作りをするという事です。

 

人は知らない間にストレスを溜め込んでいると思います。このようなストレスが自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)を乱し、胃腸障害や、ホルモンバランス(崩れてしまうと、月経不順や不正出血の原因になってしまいます)を悪化させている事になります。生理の周期を乱す事にもなるでしょう。生理周期が乱れると、妊娠しにくくなります。

 

また、女性は冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)という症状を持っている方が多いです。冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)は血流を悪くし、内臓の機能を低下させます。当然、卵巣の機能も低下させてしまいますね。それに、冷えは代謝も免疫力も低下させます。妊娠を持続させる意味でもよくないです。

 

こういった妊娠しにくい要因を取り除き、妊娠しやすい体作りに改善していくのが東洋医学です。そうすれね妊娠力がUPします。それでは、どういう治療を行うのでしょうか?まずは、カウンセリングを行い、その人がどういう症状を持っているかを調べます。

 

そして、その方に合った治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の方法を見つけます。鍼、お灸、漢方薬等が、主な治療法です。週一回のペースで通う事が多いですが、2ヶ月もすれば、体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)が変化していくという声を多いそうです。

 

病院で不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)を実施前に一度試してみてもいいかもしれません。ちなみに、基礎体温を計る事は東洋医学(よく西洋医学と対比したりしますが、最近では、併用して治療を行うことも少なくありません)でも大切です。

もしかして排卵障害?

不妊の原因は多く存在していますが、女性の不妊の原因の一つとして排卵障害がありますね。

 

この排卵障害は、基礎体温(寝起きの動く前に測ることが重要です)を付けるとわかりやすいかもしれませんよね。低温期と高温期が入り乱れたり、分からなかったりはしませんか?こういう状態であれば、早めに病院を訪れるようにします。

 

排卵障害には、卵子が上手く育たない場合と、ちゃんと育っても上手く排卵できない場合があります。卵巣機能が低下してくると、卵子数が減少したり、大きく育たなかったりします。

 

このままだと、排卵が上手に行かず、結果、妊娠しにくくなります。排卵が上手く出来ずに卵巣の中に溜まってしまい、卵巣が腫れてしまうこともあります。排卵障害はホルモンの影響を受けている場合が多いですから、生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)や疲労・ストレスも原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)になるはずです。

 

排卵障害を指摘されたら、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が必要になってきます。ホルモン療法が主流となります。月経のサイクルを正常に戻すということをおこないます。妊娠希望の場合なら、排卵誘発剤が用いられるようですよ。

 

薬での治療ですから、ほんの些細な副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)も覚悟しなければなりません。こういう治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は、大なり小なり心身的にもストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を与える場合が多いようです。

 

必ずということはないとはいえ、急に落ち込むことが多くなった、性格(人や動物の性質を表わす言葉です)が変わった・・・などの体験を聞く場合もあるかもしれませんね。 ホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)が変化するということは、女性の体にそのくらい大きな変化を与えるのです。

子宮筋腫が原因?

不妊症の原因として、特に有名なのは、子宮内膜症ですね。不妊症を疑う時に、一番に心配するのはこの病気ではないでしょうか?

 

ですが、この病気が有名なが為に、あまり気にされていない方が多いですが、子宮筋腫も、不妊症の原因になる可能性がある病気なのです。

 

とはいえ、子宮筋腫には様々な種類があるので、すべての筋腫が不妊症(適切な治療を受けることで、妊娠できるケースも少なくありません)につうじるとはいえません。ですので、そういった意味では、不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)に関係ある病気としてそこまで認知されていないのも、仕方のない事といわれているんですね。

 

と言うのは、子宮筋腫とひとくちにいっても、可能な部位によっても名前も違えば、不妊との関係性も変わってくるからです。

 

不妊症(適切な治療を受けることで、妊娠できるケースも少なくありません)に関係することは、子宮内膜に悪い影響を与える所にできる筋腫だけです。粘膜下筋腫は、子宮内膜を圧迫して変形させてしまうから、精子が留まる事ができなくなってしまうようです。自覚症状は、生理がダラダラと続いたり、出血量が通常よりも多かったりといったものがあります。卵管を塞いでしまう事があるのもこのタイプです。

 

かと言って、すい膜下筋腫などはかなり大きなサイズのものでも、不妊症に関係する事はまずないといわれています。症状もほとんどないとされていて、こちらであれば心配はしなくても大丈夫ですよ。この他にも、筋腫は様々な所に出来ますが、それにより心配の度合いがかなり変わってきます。

関連サイト

不妊治療記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ