大人のひきこもり

大人のひきこもり

薬を使わない大人のひきこもり改善術

必ず理由がある事なんです

大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。喫煙や飲酒の自由も得られます)でもひきこもりになる方は、沢山いらっしゃるのではないでしょうか?ドラマ等でも題材になったりしていますよね。大人のひきこもりの原因で想定されるのは、どのようなことでしょうか?

 

学校を卒業し、社会人1年生として会社へ勤めたけれども、仕事が予想していたものと違い、つまらなかったと言った理由もあります。他にも、職場内での人間関係に悩んでしまい、疲れてしまったと言うのも考えられます。

 

心も体も形成されてしまっている大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。喫煙や飲酒の自由も得られます)がひきこもりになってしまうと、それまでの生き方を否定されていると考えてしまうのです。自分に自信が持てなくなり、まわりの人間が自分を嘲笑っているかのように感じてしまうでしょう。

 

子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)と大人のひきこもりの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で異なるところは、大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか?周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)のひきこもり(長期間、自宅や自室から出ることができず、家族以外の人との直接的な接触がほとんどない状態をいいます)には、必ず理由がある事なんです。ただ単に反抗期で引きこもってしまう子どもとは違い、何らかの理由があって、引きこもってしまうのです。

 

例えば、子どもの時から、両親に言われた通りの事しかやって来なかった方は、「受身の人間」になってしまうみたいです。自分で考えて動く事ができなくなってしまうのです。子供の頃はなにかと心配で、両親が色々と手を出したり口を出したりしてしまうはずです。それに慣れてしまうと、大きくなってもそうなってしまうのです。

 

両親は必要最小限の口出しだけで十分です。大人になってひきこもりになってしまわないように、両親も時には我慢をし、優しく見守ってあげられると良いですね。

運動は効果がある?

引きこもり(厚生労働省の定義では、「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6ヶ月以上続けて自宅にひきこもっている状態」です)は、脳や心が疲れていますのです。引きこもっている状況だと、あまり自分から行動を起こさないだけでなく、自分の頭で考えようとする事さえ、面倒になってしまってがちです。そういう事をしていると、体を動かす事が少なくなり、精神面だけでなく、肉体面でもあまりよくない状況に陥ってしまうでしょう。

 

だから、引きこもっていても運動するのは大切でしょう。運動といっても、今すぐ外にウォーキング(ムリをしないでコツコツ続けていくことが重要でしょう)しに行ってなさい等といっているわけではありません。まずは、家の中でできる事からスタートしてみましょう。

 

自分が食べた物の食器洗いを行うことでか、トイレ掃除をするとか、そんなくらいでいいのです。ここで重要なのが、家族や他の人に呼ねれて動くのでなく、自ら動くと言うことになります。

 

早くこの状況から脱出したいと思っているなら、尚更行動に移すべきです。家の中でできる範囲の運動としては、筋トレ(自重を使って行うものから専門的な器具を使うものまで色々な方法があります)なんかもいいかもしれませんね。

 

脳や心が疲れているなら、筋トレ(最近では、体幹を鍛える体幹トレーニングが特に人気ですね)に夢中になって無心になるのも、回復するための一つの手段です。筋トレで疲れると、よく眠れますし、体力がつけば、行動を起こす意欲もわいてきます。自発的な活動が出来るようになれね、ボランティア(専門性の高い職業についている人がその職能を無償で提供することをプロフェッショナル・ボランティアと呼びます)に行ってみたり、農作業等に行ってみるのもおすすめです。

 

ボランティア(志願兵が語源になっているそうです)や農作業は、体を存分に運動させる事になりますね。肉体労働を経験する事で、精神的にも充足感を味わえるはずです。引きこもりで運動不足の日々が続いているのであれね、まずは少しずつ体を動かす事から始めてみてください。

関連サイト

大人のひきこもり記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ