人見知り

人見知り

有名な人見知り改善方法

ループを絶つ事ができる

人見知り(仕事は普通にできるのに、プライベートでは人見知りという人もいるようです)は、多かれ少なかれ誰にでも起こりうるものです。人見知り(かつては子供に対して使う表現だったようですが、近年では大人にも使います)の原因には、様々なものが考えられますが、自分だけが特別だと思い込んでしまうことで、さらなる悪化が懸念されるのです。

 

多くの場合、原因は幼少期にさかのぼります。幼い頃の心の傷が大人になってからも解消できないでいると、悪循環に陥ってしまって、ますます悪化するというケースが少なくないみたいです。

 

最近は核家族化(核家族化により、子供の虐待やDVなどが増えたという説もあります)が進み、ご近所付き合いの減少にプライバシー(田舎では特に侵害されることが多いようです)
の尊重など、多くの人間と接する機会はほとんどないのです。外出や人付き合いを嫌う両親を持つ子どもであれば、特にその機会は減るでしょう。

 

人と接する機会が少ないままで、いきなり集団生活が始まれば、人と交わる方法を体得してこなかった子どもはこれになかなか馴染めないでしょう。ここから、周りに合わせられない自分を卑下する事がよくあります。

 

人見知りは、自分が自分を認められないところから始まる事が多いのですが、自分に自信が無けれね、ちょっとした事でもすぐに心が折れてしまうのです。いつも人からの評価を気にしてしまい、上手く話そうとするので、必要以上に緊張を生みます。

 

緊張する→上手く話せない→馬鹿にされる→自分を卑下する→自信がなくなる→さらに緊張するなどのように、悪化の一途を辿る事になりかねません。

 

ただし、成長の過程で心から信頼できる友達に巡り会えると、このループを絶つ事ができるようです。「この人だけは分かってくれる」といった安心感が大きいのでしょうか?

子供の人見知りを克服する方法について

子どもの人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)が激しいと、ママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ねせるご家庭もあるそうです)は色々と大変ですよね。はじめて会う人とも即座に打ち解けられる子供がこのごろ非常に多いので、それをみていると羨ましささえ感じるかもしれません。

 

大人からみれば、人見知り(最近では、自称人見知りの人も増えているようですね)しない子は「得」で「楽」にみえるでしょう。でも、子供の人見知りは悪い事ではないのです。むしろ、危険かどうかの判断をじっくりとする、非常に慎重な賢い子だといえると思います。

 

たしかに、人見知り(最近では、自称人見知りの人も増えているようですね)しない子は初対面の人にも可愛がられます。だれに預ける事もできるので、色々と便利ではあるかもしれませんね。でも、優劣はそこにはないでしょう。おさない頃は、人見知りをして当然なのです。

 

そこで親が「人見知りしない方がいい」と我が子を認められないと、子供は自尊心が保てなくなるでしょう。今は、「ママが一番好きなんだね」と、抱きしめてあげてください。特定の人にしか心を許さないその子の「個性」を受け止めてあげましょう。

 

自分の子供は心からあなたを愛し、信じてくれていますからす。あなたも、その真っ直ぐな気持ちに応えてあげましょう。自分の子供をひたすら信じて全力で愛しましょう。無理に人見知り(仕事は普通にできるのに、プライベートでは人見知りという人もいるようです)を矯正しようとせず、その子のペースで成長するまで信じて見守ってあげてほしいのです。

 

人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)の激しい子は、大人になると、人の気持ち(その時々で変化していくものです)のよくわかる、非常に思いやりのある人に育つなのですよ。子供の成長に親の焦りや心配は無用ですよ。

関連サイト

人見知り記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ