いびき治療

いびき治療

薬を使わないいびき改善方法

いびきの原因

いびきの原因といってもいろいろあります。

 

始めに、肥満によるものです。肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)になると、脂肪が付きます。その脂肪が上気道にも付き、圧迫されて気道が狭くなってしまうみたいです。気道が狭くなると、いびきをかきやすくなるのです。

 

また、口呼吸(鼻呼吸よりも酸素が吸収されにくかったり、免疫力が低下したりするのだとか)をしている方も、いびきをかきます。痩せている方でも、口を開けて寝ている方は上気道が狭くなるでしょう。それによって、いびきをかきやすくなるのです。鼻の疾患(いわゆる病気のことです)がある人も、鼻が詰まってしまうので呼吸が出来ずに、口呼吸になってしまうでしょう。

 

他に、仰向けで寝る事も原因と考えられます。仰向けで寝ると、舌が喉に落ち込んでしまいます。粘膜の柔らかい部分が下に垂れてしまい、気道を塞いでしまっているのです。

 

このように、いびきの原因で大きな要因になっているのは、気道を塞いでしまっている事だと言えます。

 

他にも、アルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)の摂取や睡眠薬、精神安定剤等の筋肉を緩ませる効果のある薬を飲む時も、いびきをかきやすくなります。その上、疲労によるストレスもいびきの原因の一つです。

 

疲れていると、寝ている間に酸素をたくさん取り込もうとするものです。鼻呼吸をすることによりいた人でも口呼吸になってしまう時があるのでしょう。規則正しくない生活を継続することでいる人も、同じような状況になります。

 

規則正しい生活をし、できるだけ横向きになって鼻呼吸で寝るように可能なといいです。食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)も改善し、まずはダイエットから始めてみてはどうでしょうか?

いびきの種類

いびきの種類は大きく分けて3つあるかも知れませんね。

 

1つ目は、病気等とは関係無く、普通にかく「いびき」です。これは、「単純いびき」と言います。睡眠中に呼吸が止まる事が無ければ、この「単純いびき」と考えられます。

 

2つ目は、睡眠中に呼吸が止まってしまう「いびき」です。これは「睡眠時無呼吸症候群」と言います。これは疾患なのです。10秒以上、呼吸が止まっている状況が1時間に五回ある時は、「睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)時無呼吸症候群」だと思われます。この状況の9割以上は「閉塞型睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群」と言われています。できるだけ早くお医者さんへ相談した方がいいかもしれません。

 

3つ目は、原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)がわかりませんが、上気道が狭くなってしまった為、日中に激しい眠気を感じたり、睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)中に慢性的にいびきをかいたり、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中に脳波上の覚醒反応が起こるといった症状が起こるみたいですよ。睡眠時無呼吸症候群のように、睡眠中に呼吸が止まるということはないでしょう。でも、このときは、脳血管障害や心臓病、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)の徴候として起こることがあるんでしょう。

 

 

3つの種類をあげましたが、1つめの単純いびきであったとしても、長期間続くのであれば、まわりの人に迷惑がかかってしまいます。自分では、どんな「いびき」をかいているのかは、わからないですよね。単純いびきだと思っていても、実をいうと異なるのかもしれません。どの時のいびきであっても、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は早目に行ったほうがいいのかもしれません。いびきが解消し、安眠が出来るといいかもしれませんね。

関連サイト

いびき治療記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ