胃潰瘍改善

胃潰瘍改善

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍とはどういう病気?

胃潰瘍はストレスが原因で起こることが多く、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)フルな現代では、もはや「現代病」とも言えるくらい多くの人がかかっている病気です。胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化されてしまうのです。

 

胃潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるという意味を持っています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、「消化性潰瘍」ともいわれています。かかりやすい年代、性別としては、以前は、男性に多くみられたですねが、最近はその層を広げており、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)の50台の女性や若い人の発症率も高くなってきています。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、一度かかると一生涯潰瘍になると言われる程、やっかいな病気です。治っても再発を繰り返す人がとても多いのです。胃潰瘍になる原因は、その人の性格と大きな関わりがあり、病院での炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を止める薬だけ飲んでいれば治るというものでもないなのですね。

 

薬を飲んでいる時はよくなるのですが、また日常生活を送っているうちに再発してしまうケースがたくさん見られます。胃潰瘍になり易いタイプの人は、次のような人です。

 

神経質(どちらかというとマイナスなイメージのある言葉ですね)な人、几帳面な人、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)をため込んでしまう人、よく気がきく人、悩みや責任(地位が高くなると、その分、大きく重く圧し掛かってくることも多いでしょう)を一人で抱え込もうとする性格の人。

 

性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)はなかなか変えることが難しいですよね。自分の性格(人や動物の性質を表わす言葉です)をよく理解し、あまりムリをしないで、自分にあった気分転換法を見つけることが大切です。

 

胃潰瘍になってしまったら、体からのSOSだと思ってください。ストレスのダムが決壊してしまったとなるんです。それを体があなたに伝えているんです。それに気づいて、体のケア・心のケアをしてあげてください。

胃潰瘍の症状とは?

胃潰瘍になる原因も様々ならば、個々に出る胃潰瘍の症状も、実にいろいろな形で体に現れます。ストレスや食生活の乱れ等が原因で胃の調子がここ最近気になる方はセルフチェックしてみてください。

 

1、胃潰瘍の自覚症状の90%は腹痛で現れます。ほとんどが上腹部の「みぞおち」に痛みを感じます。胃潰瘍は食後に痛み出し、あまり食事を取りすぎると長時間痛みが続きます。また、腹痛が強ければ強いほど、比例して胃潰瘍の状態も悪化しているというのではないんです。胃潰瘍にかかっていても全く痛みを感じない場合もあるのです。しかし、そのような痛みを感じない人は要注意です。胃潰瘍に気が付かないまま、潰瘍が悪化し胃に孔(あな)が空いたケースもあるのです。この段階になって初めて激痛が起こり胃潰瘍に気づくといった事もあるのでちょっとでも異変を感じたら、できるだけ早く受診しましょう。

 

2、胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐、吐き気、食欲不振により体重が減少するなどの症状が出るケースもあるみたいです。これは胃潰瘍になり胃液が多く出すぎて胃粘膜とのバランスが崩れている証拠です。また、胸やけは胃液が食道に逆流して起こる症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)です。この場合は、胃液が多すぎる場合にみられます。

 

3、胃酸によってはどす黒くなった血を吐血します。出血時に一緒におこる症状としては、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛などがあるでしょう。出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)と言われています。

 

4、胃潰瘍で便に血が混じる場合には、どす黒い便が出ます。この便を「タール(世界保健機関の下部組織であるIARCは、発がん性がある物質だとして勧告を行っています)便」と言っています。下血の場合気づかない人も多く、貧血(女性の場合には、生理や妊娠があるため、男性よりもどうしても貧血になりやすいといえます。サプリメントなどを利用して、積極的に鉄分を摂った方がいいでしょう)になってやっと胃潰瘍で吐血していると気付く場合も少なくありません。 下血は、胃癌や大腸ガンの症状でもありますので注意が必要です。大量に下血する場合には、早めに病院で検査をすることがおすすめです。

 

5、背中の痛みがみられます。胃潰瘍で腰痛になったという方がおられます。これは、膵臓(すいぞう)にまで炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)が及んでいると出てくる症状です。

 

6、胃酸過多によって起こる口の臭い、酸っぱいゲップ、胸やけなんかも胃潰瘍の症状の一つです。また、口臭は胃潰瘍に限ったことではなく、肝炎・慢性胃炎・胃下垂など、その他の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)でも起こります。

関連サイト

胃潰瘍改善記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ