めまい改善

めまい改善

薬を使わないめまい改善法

めまいに関して

病気のなかにもめまいについて悩んでいる人は多いみたいですね。それはどうしてなのかを考えてみましょう。まず、めまいとはどの程度の状態を指すのでしょうか?頭がくらくらして、倒れそうになる状態のことでしょうか?何となく、頭がボーとしてしまう事でしょうか?

 

それとも、周りのものが回りだして、目が回った状態のことでしょうか?実は、いずれもめまいの一種なのです。めまいには大きく分けると2つの種類があるのです。回転性と動揺性です。回転性とはいわゆる「目が回った状態」のことを言います。

 

三半規管や耳石器などと言った平衡感覚をつかさどる内耳が原因と考えられる症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)です。それに対して、動揺性めまいとは平衡感覚を処理する脳幹と言う部分の障害が原因となる物です。

 

病院でも医師に「めまいがしますか」と聞かれた時に、これらの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を詳しく説明する事が大事です。しかし、めまいをうまく説明できないことが多いですね。本当に重大な障害によるものなのか、なんだか感じているものなのかが判断できないからです。

 

極端にひどいめまいで、立っていられないようなものであれね、誰でもわかります。しかし、たいていの場合は何となくそう感じているだけで、いつもの暮らしに支障がないケースがほとんどなのです。二種類のめまいの区別を行うと、異常がどこから来ているのかを判別する事が出来ます。

 

それから、脳に異常がありますからにめまいとなることもあります。脳腫瘍や脳梗塞(脳軟化症という別名で呼ねれることもあります)などにより脳の中でめまいの症状があらわれるのだそうです。いずれにしても、自覚症状があるのならね病院で検査をしてもらうといいですね。

メニエール病とめまい

めまいの原因としてよくあげられるのがメニエール病というものなのです。このメニエール病について説明してください。メニエール病の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)としえては突然強いめまいが起こることが特徴です。

 

症状によっては数時間めまいが継続します。めまいと同時に吐き気がしたり、顔が青くなったりします。また、耳鳴りや難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)も同時に起こると言われています。

 

症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が収まってしまえば、普通の生活が出来るみたいです。年齢で言えね三十台から40代の女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に多いと言われているのですし、大体1万人に一人の発症率なんだとか?

 

メニエール病が原因で起こるめまいの特徴は強い回転性めまいだということなんですね。ぐるぐる回る激しいめまいです。メニエール病の名は19世紀にフランスのメニエールという医者が発見した事によってます。内耳の中に水が溜まって起こる病気とわかっています。

 

しかし、内耳の病気(先天的なものも少なくないでしょう)はそれ以外にもありますから、すべてがメニエール病ということではありません。おおよそめまいの患者の1割程度がメニエール病と考えられているのです。メニエール病の治療に関しては薬の投与が行われます。

 

溜まった水を排出するために利尿剤や内耳の神経を改善する為のビタミン剤、血管の流れをよくするための薬などが主なものです。薬ですべての人が治るわけではありません。

 

日々の生活に支障が出たり、聴力が悪化していたりする場合は手術を行うことになるのです。メニエール病は悪性ではない為、命に別状はありません。しかし、めまいが続くことによって、体のバランスをうまく取れなくなる事もあります。早期発見、早い段階で治療が一番なのです。

関連サイト

めまい改善記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ