睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療について

薬を使わない睡眠時無呼吸症候群の改善法

健康上、害を及ぼすのは間違いない

睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時無呼吸症候群とは、一晩(約7時間)の睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中に、10秒以上の呼吸停止状態(無呼吸)が30回以上起こったり、1時間以内に無呼吸状態が5回以上起こる病気です。すなわち、無呼吸状態が一回の睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時に何回も起こる症状をいいます。

 

睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)時無呼吸症候群は、無呼吸状態が続く事で十分な睡眠をとれない為、日中に極度の眠気に襲われたり、集中力が欠けたりするのです。睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群が原因で、居眠り運転等を引き起こして、重大な事故に繋がる時もあります。

 

新幹線のオーバーラン事件等で、認知度が向上しました。また、特有の眠気もこの病の特徴です。起床時等に頭痛を感じるという症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)もみられます。

 

睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時無呼吸症候群が死亡の直接の要因になることはありませんが、睡眠時、症状が出るたびに、体に大きな負担がかかります。循環機能にとって、酸素不足は相当の負担になるので、高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)や心不全、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)等生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)にも影響を与えます。

 

厚生省の公表では、低呼吸数が1時間の睡眠あたり20回以上起こる方の5年後の死亡率は16%です。一見、それほど死亡率が高くないようにみえるになりますよ。

 

しかし、睡眠時無呼吸症候群を放置しておくと、健康上、害を及ぼすのは間違いないのです。「寝苦しい」「起きた時に十分な睡眠感を得られない」と感じた時は、病院で診断してもらうといいですね。睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時無呼吸症候群は、早期に適切な治療や対策を取ることが非常に大事ですね。

睡眠の役割とは?

日頃何気なくとっている睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)そうはいっても、睡眠には大切な役割があることをご存知でしたか?睡眠の役割には、まず、体と脳を休息させるというものがあります。

 

人は1日で脳も体もかなり疲労が溜まるものですが、睡眠を取ることで疲れを回復することができ、また次の日に脳と体を働かせることができると思っております。

 

その為に、睡眠が十分でないと脳と体の回復も不充分になり、集中力に欠けたり、イライラしたり、体がだるいなどの症状が出てしまうのです。それに、睡眠時には成長ホルモン(筋肉トレーニングや加圧トレーニングをすることでも分泌量を増やすことができるといわれています)が多く分泌され、体を成長させたり、修復させたりすることができます。

 

特に子供は、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中の成長ホルモンが体の成長に大変重要であると考えられていて、大人に於いても皮膚や血管、筋肉などの細胞の修復をする働きがあると言われていますよ。さらに、睡眠をとると、免疫力がUPするようです。

 

睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中に免疫力がUPすると、病気を治す自然治癒力が高まって、自然の力で病気を治そうとします。風邪をひいている時に、早く寝るというのは、睡眠に免疫力アップ効果があるからではないでしょうか?

 

睡眠の役割には、他にもストレス物質を除去する効果もあるのです。誰もが毎日の生活の中でストレスを溜めることがあると思いますが、人は睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)を取ることで脳内で睡眠物質が作られ、ストレスの原因となる有害物質を除去する事が出来るためにす。

 

これらのことから、人は睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)を取ることで、体を維持していると言えるでしょう。

関連サイト

睡眠時無呼吸症候群の治療について記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ