睡眠時無呼吸症候群の原因について

睡眠時無呼吸症候群の原因について

薬を使わない睡眠時無呼吸症候群の改善法

痩せている方でも起こりえる病気

睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群には、色々な原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)があります。

 

ひとつは肥満のせいで、顎の周りや首、舌や喉などといった脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が厚くなり、気道が圧迫され、狭くなる事です。

 

二つ目は元々の骨格によるものです。顎が小さく後退している小顎症は上手く舌を収める事ができず、これもまた気道を圧迫します。

 

3つ目は鼻に疾患があったり、咽頭扁桃部に異常が見られる事です。例えば、鼻の空気の通り道が湾曲していたり、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を持っていると、鼻の通りが極端に悪くなったりします。

 

咽頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)扁桃や喉ちんこが炎症や肥大を起こす事も、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群の要因となります。軟口蓋といわれる鼻と喉の境目が垂れ下がる事も気道を狭くさせ、睡眠時無呼吸状態を作り出します。

 

他にも、アルコールの摂取や薬の内服も睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)時無呼吸状態を作り出すようとされているんです。気道内の粘膜が充血・膨張を引き起してしまうのがアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)。このアルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)を摂取する事で、舌などの筋肉の緊張がなくなってしまい、気道が狭くなるでしょう。

 

もっと薬物を服用する事でも筋肉の緊張がなくなり、気道は狭くなってしまうのです。どのような薬物かというと、精神安定剤や睡眠導入剤、筋弛緩剤などがあげられます。

 

寝ている間に喉がふさがりやすい体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)の方もいるみたいです。いずれも睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)中に気道が圧迫されたり、気道が狭くなる事が原因で、睡眠時無呼吸症候群が起こります。
一つ目の要因として肥満をあげましたが、肥満の人が絶対に睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)時無呼吸症候群になってしまった場合にはも限らず、痩せている方でも起こりえる病気です。

睡眠時間を減らすことはできる?

どんな人でも一度くらいは、睡眠時間を減少させることができないかと考えたことがあるんでしょう。でも、睡眠時間(効果的に昼寝を取り入れることで、仕事や勉強の能率があがります)を減らすと、頭がぼーっとしてしまったり、体の疲れが残ってしまったり、日中に耐え切れない眠気に襲われてしまうものです。

 

さらに、睡眠時間(時間だけを気にするのではなく、質も向上させることが大事です)を減少させることによって、思考力が低下してしまったり、ストレスにうまく対処出来なくなってしまったり、食欲が増すことで肥満になってしまったり、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)や血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)、中性脂肪値が上昇するなどの症状が表われてしまう事もあるかも知れませんね。

 

しかし、上手に睡眠時間(時間だけを気にするのではなく、質も向上させることが大事です)を減らすことができると、仕事を早く終わらせる事が出来てたり、趣味や遊びの時間を取ることができたり、家族の時間を増やす事が出来たりと、行動力が上がることで毎日が充実し、人生をいままで以上に楽しむことが可能になります。

 

睡眠時間(時間だけを気にするのではなく、質も向上させることが大事です)は、長ければ良いというものではなく、睡眠の質が大切になってきます。その為、質の良い睡眠であれば、睡眠時間が短くても問題がないのです。睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)は、基本的にノンレム睡眠(非レム睡眠、徐波睡眠ともいいます)とレム睡眠に分けられており、レム睡眠は眠りが浅いのに対して、ノンレム睡眠は熟睡している状態です。

 

熟睡しているノンレム睡眠で脳や身体を休息する事ができるため、眠りの浅いレム睡眠に時間を取られないようにすると、しっかり睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)を取りつつ睡眠時間を減らすことが出来るでしょう。

 

睡眠時間(時間だけを気にするのではなく、質も向上させることが大事です)を減らすためには、継続させる強い意志と、慣れるまでに長い期間が必要になりますが、睡眠時間を減らすこと自体は可能と思っているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ