睡眠時無呼吸症候群はどんな検査をする?

睡眠時無呼吸症候群はどんな検査をする?

薬を使わない睡眠時無呼吸症候群の改善法

睡眠状況をより細かく測定する検査を行うのです

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)中の事だから自分自身だでは中々自覚する事がむずかしいでしょう。以下のような症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)や自覚があれば、病院に行って検査される事をオススメします。

 

・身内や友達・恋人などに、睡眠中、大きないびきをかき、呼吸が止まっている時があるといわれた事がある。

 

・朝、目覚めた時に頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)がしたり、日中極度の眠気に襲われたり、無気力でやる気(なるべく最初のハードルは低くして、徐々に上げていくというのが、挫折しないコツなんだとか)が出ない。

 

・最近、集中力や記憶力が低下してきた。

 

こういう条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)にあてはまるようなら、病院へ行きましょう。

 

病院で検査をする時、上記であげたような事をまず問診(症状によっては、家族の病歴などもきかれることがあるでしょう)で聞かれると思います。無呼吸症候群が疑われた時、夜間の睡眠状況を検査する為に入院が必要になるでしょう。

 

終夜睡眠ポリソムノグラフィーという睡眠状況をより細かく測定する検査を行うのです。この検査では、おもに脳波や呼吸状態、心電図、眼球や筋肉の動き、血液中の酸素飽和度、いびきの音量などを細かく測定していきます。

 

この検査で、深い睡眠がきちんとれているか、無呼吸によって脳が覚醒していないかを判断します。呼吸数なども検査できますから、一度の睡眠中に何回無呼吸状態となって、何秒無呼吸状態が続いているのかも確実に分かるのです。

 

色々な角度から検査をする為、色々なセンサーを装着して睡眠をとる事にはなるものの、針をさしたり行う場合はないため痛みを伴う事はないでしょう。病院ですし、ちょっとした窮屈さを感じる事もあるでしょうが、できる限り日常と変わらない睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)をとる為にリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)して検査に臨むといいでしょう。

むずむず脚症候群とは?

むずむず脚症候群は、足の裏やふくらはぎ、太ももに虫がはっているような感覚やほてり感などと言った不快な症状が現れる病気です。

 

むずむず脚症候群は、特に夜の睡眠時に起こることが多く、睡眠を妨害するために充分な睡眠を確保することができなくなってしまいます。足の不快感のために寝付きが悪かったり、夜中に何度も起きてしまって充分な睡眠がとれないと、不眠症や日中の眠気の原因となってしまいます。

 

それに、日中に何となく疲れたり、倦怠感が現れるなどして、日頃の暮らしに支障をきたすことも考えられます。また、症状が悪化すると、睡眠不足(人によって適切な睡眠時間は畭なります)に過度のストレスが加わり、気付かない間にうつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)になってしまうこともあるになるでしょうので、むずむず脚症候群の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)に思い当たる節がある時には気をつけた方がいいですね。

 

むずむず脚症候群の原因は、体質や食生活などに存在していると考えられており、体質や食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)が原因となって神経や脳の働きに影響を及ぼしてしまうために起こる症状だと言われています。

 

むずむず脚症候群の改善の為には、日常のケアが大切になります。カフェインやアルコールなどを避けて、脚のマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)をして、充分な休息をとるようにするとよいでしょう。

 

それでも改善しない場合には、医師に相談してドーパミン(快感を感じるとドーパミンが分泌されると考えられています)神経を高めてくれる薬や漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)、鍼治療などを用いて治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)するといいでしょう。足の不快感などがあり、睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)に支障がある時には、むずむず脚症候群の可能性を疑い、早めの診断と治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を行うようにするといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ