睡眠時無呼吸症候群の予防と治療法について

睡眠時無呼吸症候群の予防と治療法について

薬を使わない睡眠時無呼吸症候群の改善法

あとは節酒や禁煙です

睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)時無呼吸症候群と診断された時、身体に負担をかけないで治療するのでに使われるのがマウスピースです。ボクシング等で使われるマウスピースとは違い、これを口にはめ込むことにより、気道が開き、空気の通りを良くしてくれます。

 

軽度〜中度の睡眠時無呼吸症候群の時は、有効率が高いでしょう。睡眠時に息苦しさを感じていたような方も熟睡(睡眠環境を整えることで、睡眠の質を上げることも可能でしょう)出来るようになるでしょうね。また、気道が開くということは、体内への酸素供給量も増えるので、心肺への負担を大幅に軽減できるようになります。

 

マウスピースはポケットサイズですから、旅行先等でも使用する事が出来、手軽に治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)や予防を行いたい方にはオススメです。でも、重度になってしまった場合には、マウスピースでの治療はできず、CPAP治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)と言った在宅持続陽圧呼吸治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)装置を用いた治療をすることになるでしょう。

 

鼻マスク(関西よりも関東の方が着用率が高いのだとか)を装着して気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防ぐ事により無呼吸状態を作り出さないという方法です。この器具を使用する時は、レンタル(貸し出す期間が比較的、短期間でしょう)料が発生する、携帯するのに困難等のマイナス面も出てきます。軽症の睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)時無呼吸症候群であれば、生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)を見直す事でも改善可能でしょう。

 

例えば、肥満で気道を塞いでしまう場合であれば、食事療法(まずは目分量ではなく、量ることから始めることが大切かもしれません)や運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を日常的に行うことにより体重を減少させれば、症状は軽くなっていくはずです。あとは節酒や禁煙です。

 

アルコールは気道の筋力を弱める作用があるので無呼吸状態を作りやすいですし、喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)は気道に炎症を起こしたり、気道の筋力低下を引き起こすのです。睡眠前のアルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)の摂取を止めたり、タバコの本数を減らしてみてください。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時の障害の事をいい、SASと呼ばれています。日中に眠気に襲われたり、集中力や活力に欠けたりすることはありませんか?

 

こういった症状がある場合は、睡眠時に無呼吸の状態になる睡眠時無呼吸症候群の可能性があり、きちんと睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)がとれていないことが考えられるのではないでしょうか?

 

無呼吸症候群というのは、睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)中に10秒以上の無呼吸の状態が30回以上起こったり、睡眠一時間あたりに無呼吸や低呼吸が5回以上起こることを指します。とは言え、睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に起こる事ですので、本人は気付かないでいることが多いでしょう。

 

でも、気付かずに放置したりしたら症状が悪化することもあり、時には一晩の間に数百回呼吸が止まることもあるようです。睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群になると、知らず知らずのうちに体内が酸素不足の状態になり、体に負荷が掛かります。

 

睡眠時無呼吸症候群で体が酸素不足になると、循環機能に支障が出て、不整脈や心不全(地井武男さんや山口美江さんが亡くなったことでも知られています)などの大きな病気を起こすことがあるでしょう。時には、生命に危険を及ぼす重大な病気を引き起こす事があるとも言われているだと言えるはずです。

 

いびきの後に呼吸が止まるような時や大きないびきをかく時、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中に寝苦しかったり、息苦しいなどの症状がある場合、さらに日中に居眠りがちになったり、集中力(あらゆることを行う際に必要とされ、その成果を左右するでしょう)に欠けるなどの症状がある時には、病院で睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群の検査を受けるといいですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ