睡眠時無呼吸症候群の治療と手術について

睡眠時無呼吸症候群の治療と手術について

薬を使わない睡眠時無呼吸症候群の改善法

心肺機能に負担をかける事が少なくなる

睡眠時無呼吸症候群の手術でよくおこなわれているのは、UPPPとLAUP、アデノイド切除です。

 

UPPPは、軟口蓋等を切り取り、口腔側と鼻腔側の粘膜とを縫いあわせて、上咽頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)部を拡大させます。咽頭部や舌の落ち込みが原因の時であれば、舌や咽頭部分の空間を保つ事が出来るのです。この手術は無呼吸症候群に対して、5〜7割の有効率です。

 

LAUPは、一番行われている睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)時無呼吸症候群の手術です。UPPPよりも簡単に行えるのが特徴で、レーザーを使って軟口蓋を切り取ります。出血が少なくて済むのが特徴でしょう。でも、術後に痛みが一、2週間続いてしまう時やレーザーの出力度合いにもよるようですねが、半年〜二年ほどで元の状態に戻ってしまう事もあるものです。
とりあえず、今の症状を無くしたいと考える人にとって、応急処置的な手術になるでしょう。手術を行う事で、切除した傷口部分が瘢痕化してしまう等のリスクもありますよ。他にも、2週間くらいの入院が必要になる場合もありますし、手術費用も安くはないのです。

 

病院に定期的に通院したり、痛みを伴うこともあるため、手術されるときにはこのようなマイナス面も吟味する材料に入れておいた方が良さそうです。いずれの手術も咽頭部を拡大させる事によって、今まで塞がれていた気道を確保することができるので、断然呼吸もしやすくなるでしょう。

 

呼吸しやすくなる事で、体内の酸素量が増えて、心肺性能に負担をかける事が少なくなるので、心疾患に掛かるリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)等も軽減されるはずです。

睡眠時無呼吸症候群の治療法とは?

睡眠時無呼吸症候群は、中等度以上の症状の場合に治療が行われるようです。睡眠時無呼吸症候群の治療法では、CPAP(シーパップ)と呼ばれる鼻腔持続陽圧呼吸治療が有効であると考えられています。

 

この治療法は眠る時に空気を送ることのできる鼻マスクを装着し、睡眠中にのどが閉塞しないようにする方法です。マスクの装着は不快感があることや、軽度の睡眠時無呼吸症候群の治療では健康保険適応外となるため、なかなか治療の継続は難しいという人もいるようですが、この治療法を行うと睡眠時の無呼吸を回避し、深く眠ることができます。

 

このようなマスクを使った治療が出来ない場合には、睡眠時にのどが閉塞してしまわないよう、マウスピースを作って睡眠時に装着するという治療方法もあるようです。

 

しかし、これらの治療法は、就寝時に起こる睡眠時無呼吸症候群を改善することは出来ますが、根本から治す治療法ではありません。

 

根本から治療するためには、まず、睡眠時無呼吸症候群の原因が扁桃腺肥大やアデノイドによるものなのか、肥満によるものなのかなどを診断する必要があります。その上で、外科的手術やダイエットなどの方法で、根本から睡眠時無呼吸症候群を治療していくと良いでしょう。

 

近年では、睡眠ポリグラフ検査で、睡眠時無呼吸症候群の状態を診断できると言われています。このような検査をきちんと受けて、医師の診断の元に正しい治療法を行い、快適な睡眠がとれるようになると良いですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ