産み分け

産み分け

薬を使わない有名な産み分け法

中国式産み分け法とは?

中国式産み分け法を紹介します。中国式産み分け法で使うのは、13世紀の中国で男女の出生記録の統計をもとに製作した表です。この表は産み分けカレンダーとも呼ばれ、今から700年ほど前の王家の墓から発見されました。科学的な根拠は一切ないのですが、不思議と当たるので、中華人民共和国では医師が参考にすることもあるとかないとか・・・。

 

なにしろ、中華人民共和国は一人っ子政策がとられていますから、産み分けしたいと言う願いも切実です。アジア人で90パーセントの的中率があるといわれていますが、占い程度に参考にしてみてください。

 

まず、母親の数え年(実際の年齢に誕生日前は2歳、誕生日後は一歳を足した年齢)を計算します。実年齢の方が当たると言う説もあるため、数え年と実年齢の両方で試してみるといいでしょう。

 

産み分けカレンダーの横軸に「受胎月」を当てはめます。このカレンダーを製作した頃には旧暦(一般的には、グレゴリオ暦の前の暦法を指すことが多いでしょう)を用いていたので、旧暦で当てはめた方がいいでしょう。次に、母親の年齢の縦軸と横軸がクロスするところを辿ります。

 

この産み分け表は、ママ(日本語を始め、ロシア語、スペイン語、中国語など、色々な言語で母親のことを指します)の年齢が18歳から45歳まででなければ使えません。すでに子供がいて、この産み分け表の信頼性を確かめてみたいといった場合には、子供の出生日から280日を引いて受胎月を調べ、その際に数え年(もしくは、実年齢で)でいくつだったかで確かめるといいです。

 

もし、第一子で確認して的中していたら、第二子以降はこの産み分け表を参考にしてみたりするのもアリでしょう。

双子を産み分ける?

双子の産み分けはとても難しいです。一卵性双生児の場合だったら、原因不明の要因で偶然起こる細胞分裂の異変なので、人為的に起こす方法はないのです。二卵性双生児の場合も、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)不明の要因で本来一つのはずの卵子が二つ排卵されて、しかも、その卵子の二つともが受精するのです。

 

排卵日にセックスしても百%受精するわけではないのですから、どれくらい偶然に偶然が重なった奇跡的なことかわかるでしょう。排卵誘発剤を使うか、体外受精で受精卵を複数戻すと双子ができるケースもあるらしいです。

 

でも、排卵誘発剤は三つ子以上が生まれてしまう可能性もゼロではありませんし、副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)が懸念されるため、不妊ではない女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)には処方しないになるものです。それに、2008年に体外受精で子宮に戻せる受精卵は「原則1個」という規程が設けられたので、受精卵を複数戻すというのも現実的には無理です。

 

双子は遺伝によって妊娠しやすい、しにくいがあるのでしょうかから、家系的に双子が多いようなら可能性はあると言われているのです。タロイモを食べると双子が生まれやすくなるという説もあるのです。

 

栃木県は双子の出生率が高いとか、なぜか双子の多い地域も日本各地にはありますし、インドのコーディンヒ村は平均の約6倍もの双子が生まれているになるでしょう。なぜ双子が生まれやすいのかが特定できれば、将来的には双子の産み分けができる可能性はあるでしょう。

 

でも、双子の家系ではない女性が双子を産む場合は、母子ともに通常の妊娠・出産よりもかなりの負担がかかり、妊娠中毒症になったり、こどもに何かの異常がみられる事も多いといわれています。

関連サイト

産み分け記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ