うつ病

うつ病

薬を使わないうつ病改善プログラム

重症に陥る場合が多い

うつ病の症状といえば、ともかく落ち込んだ雰囲気を思い浮かべる方もおおいでしょう。酷い時には、自身が生きる意味を見失い、生きる気力さえなくしてしまう場合も多く、ともかくすべてに対する興味や気力が失われます。

 

ですから、大好きな事さえ出来なくなります。例えば、美味しいものを食べたいという欲求さえなくなるのです。おいしいものは食べたいけど、食べるのが面倒ですのでなにも食べたくないといった具合です。

 

でも、以上のように気力がなくなった事を本人が自覚するのは医師から「うつ病」と診断された後の事が多く、それまでは「疲れて動きたくない」という自覚症状である事が多いようですね。

 

精神面で言えば、ともかく理由もないのに辛くてたまらない、何かをやらなければと焦りを感じるのに動けない、他愛もない事にイライラする、何をしても楽しいと感じられなくなるといった精神的な変化が一般的に知られています。

 

また、そのような症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が一切なく、頭痛がしたり、激しい疲労感が続いたり、食欲が極端に落ちたり、原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)不明の胃腸炎が続いたり、眠れなかったり、どれほど寝ても疲れがとれない等、肉体的不調しか現れない場合もあります。

 

そのような時には、病院に行きもその原因が分からない事が大半で、「仮面うつ病」と診断される事が多いでしょう。仮面うつ病の時には、本人にさえうつ症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の自覚がないので発見が遅れがちで、重症に陥る場合が多いと言われています。

どんな病気なの?

うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)は「心の風邪(西洋医学と東洋医学では治療法が畭なりますが、安静にして寝ていた方がいいのは確かなようです)」等と言った言われ方をしますが、風邪のように簡単に治るような病でなく、何年・何10年と闘病生活を送る方も少なくない心の病です。

 

症状としては、著しい気力の低下から、食事をしたりトイレ(トイレ掃除をすると金運がよくなるといわれています)に行ったり行う事さえ億劫になり、寝たきり状態になることも多いものです。

 

また、生きている気力さえ失う方も多く、なにも出来ない自分を蔑む気持ちから自殺(家族や恋人を強引に道連れにする無理心中や死刑になりたくて犯罪を起こすケースもあります)願望が強くなったりする傾向が強い病気です。実をいうと、うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)は「心の病」といわれながらも、本当は脳内物質(分泌することで、精神や肉体に大きな影響を与えます)の不足や、脳内物質の伝達機能がうまく働かない事が一因となって起こる病です。

 

ですから、自殺願望などないのに、突発的に電車や車の前に飛び込んでしまうというような自殺(有名人の場合にはかなり大々的に報道されることが多いものです)もあるのが恐ろしいところです。うつ病では脳内物質を補うような薬を処方したり、カウンセリングを行うことが主な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)ではないでしょうか?

 

鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)の原因は辛い状態が続いた事ばかりでなく、場合によっては進学や昇進・結婚と言った、本人にとって嬉しい状態が原因で起きる可能性もあるかもしれません。そのような時には、本人の喜び(素直に表現すると、さらに増すこともあるでしょう)の感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)が強い為になかなか鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)である事に本人自身も気がつかない事も多いです。

 

それに、何となく気がついても気づかない振りをしたり、気のせいだと無理やり思い込もうとしたりする事もあるでしょう。精神科に通う事を嫌悪してなかなか通院せず、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が悪化してしまったりする場合も多いので注意が必要です。

関連サイト

うつ病記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ